FC2ブログ

プロフィール

ありりん

Author:ありりん
FC2ブログへようこそ!

こねこ時計 ver.1

Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最新記事

コメントありがとう♪

訪問者数

カテゴリ

月別アーカイブ

ぺたぺた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院生活 1日目・2日目

今回の入院生活の覚え書

■7月12日(火)
手術の前日に入院しました。
ぴよちゃんがお仕事だったので、ぴよちゃんママが同行してくれました。
昼食が出ないので、早めに食べてくるか持参してくださいとの事だったので
近鉄百貨店でお弁当を購入して病院へ向かう。
13時半に入院手続きをし、病室に案内される。
個室を希望していたのだけど、生憎個室は満室という事で一日2160円の2人部屋にする。
凄くショックだったけど、空いて無い物は仕方ないもんね。

部屋で看護師さんから今後の予定などの説明を受けたりして、ご飯を食べたのは1時間ちょっと後。
正直お腹ペコペコ。
食堂でお義母さんとお喋りしながら昼食。
お猫様たちのご飯があるので、15時半頃お義母さんは帰って行った。
お義母さん、お世話賭けます。満月と雪風をお願いします。

その後同室だった学生さんが大部屋が空いたという事でそちらに移って行った。
ラッキー、今日は個室状態だぁ~

19時過ぎに夕食。
夜中の12時以降は飲食禁止。
20時頃、執刀医のS先生がやってきて、明日の手術9時の予定が10時になった事を告げる。
ぴよちゃん、1時間お家でゆっくりできるし良かったね。
下剤を飲んで22時に就寝。


■7月13日(水)
朝6時頃に体温と血圧を測り、病院の用意した検査の時とかに着る服に着替える。
点滴を開始するのだけど、中々良い血管が見つからず看護師さんが難儀していた。
2度失敗して3度目に何とか成功。
朝食は無しなので超ヒマ。ツムツムしたりテレビを見て時間をつぶす。
8時半頃看護師さんがやってきて「30分前だから、そろそろ着圧ソックスを履いて下さいね」と。
え?10時からになったんじゃないの?
ぴよちゃんたちまだ来てないし・・・・。
その事を話すと、「え?!ちょっと確認してきます」って戻って行った。
ちょっとぉ~~大丈夫なの?一抹の不安が・・・・。
結局10時すぎからという事でした。
そうこうしている間にぴよちゃんとお義母さんがやって来た。
そして新しく同室になる人も入院してきた。

10時すぎ、看護婦さんに付き添われて点滴をガラガラ引きながら専用のエレベーターで手術室に向かう。
エレベーターを降りると食品工場見学の時にカぶるような不織布でできたシャワーキャップみたいのを被らされた。
そして、いくつかある手術室の中から私に割り振られた部屋へと入る。
麻酔科の男性先生に「本日担当させてもらうUです」とあいさつされた。
あれ?事前面談の時は女性の先生が私が担当しますって言ってたのに。。。。Why?
まぁ、男性の先生の方がベテランっぽかったからいいけど。
手術台に自分で上がって横になる。
医療ドラマで見るような緑色の布を体に掛けれ、看護師さんに手伝われながらパンツ一丁になる。
その後、血圧計や心電図の機械や酸素マスクを着けられた。
「深呼吸を10回してください」と言われ、深呼吸をする。
1回・・・2回・・・3回・・・4回・・・・5回・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
気が付くとすべてが終わってナースステーションの隣りにあるリカバリールームのベッドの上でした。
右腕に血圧計、指に血中酸素を測る機械、左腕には点滴。
尿道カテーテルに心電図の機械、両足には血栓防止のマッサージ機みたいのをつけられていて
宇宙人に誘拐されたみたいだなぁ・・・・・なんてぼんやり思ったわ。

S先生がやってきて「終わりましたよ」って。
「ありがとうございます」ってお礼を言って、その後2言3言話す。
先生が行って看護師さんに「頭痛はないですか?吐き気はどうですか?」と聞かれ「無い」と答える。
ちょっとしてぴよちゃんとお義母さんがやって来た。
手術は3時間ちょっとで、肝臓に少し癒着していたので少量の出血があったけど、輸血するほどじゃなかったらしい。
20分ほど話していたけど、お昼ご飯を食べてないと言ったので帰ってもらった。
痛み止めのせいか、麻酔が少し残っているのか眠くて、寝たり起きたりをくりかえす。
眠気も治まった頃、痛みどめが切れたらしく鳩尾が痛くって吐き気がしだした。
看護師さんに言うと、痛みどめは次は19時20分以降じゃないと使えないのであと30分頑張ってって言われた。

そんな中ぴよちゃんが再び面会に来てくれた。
痛い時に一人じゃなくてよかった。
ありがとう、ぴよちゃん。

時間がきて点滴に痛みどめを混ぜてもらうと、徐々に痛みも吐き気も治まって行った。
1時間ほどいてぴよちゃん帰宅。
ぴよちゃんが帰った後は、痛みはないけどさすがに起き上がる事はNG。
テレビも無いし当然本も読めなくて、めっちゃ退屈。

22時に消灯。
だけど、寝れる訳ないよ。
散々寝たし、血圧は最初のうちは15分に一回、夜中でも1時間に一回測る為に加圧してくる。
酸素マスクも邪魔だし、心電図や血中酸素にちょっと異常がでるとピロピロ鳴るし。
おまけに寝たきり動かないので腰が痛い。今回の入院で一番コレが辛かった。
一睡もする事ができず、長い長い夜だった。
スポンサーサイト

<< 今年のケーキは | ありりんのおいしい日々HOME | 退院しました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。