プロフィール

ありりん

Author:ありりん
FC2ブログへようこそ!

こねこ時計 ver.1

Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最新記事

コメントありがとう♪

訪問者数

カテゴリ

月別アーカイブ

ぺたぺた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっちゃった・・・・・

2013年11月21日、実家の猫・フミヤが虹の橋へと旅立って行きました。


                 2013年10月


先月金沢に帰った際に以前に増して痩せていて、トイレの回数も多かったので
何かおかしい・・・・って思い病院に連れて行きました。
通常の血液検査では貧血くらいしか出なかったのですが、外注に出す検査をしてもらったところ
甲状腺機能亢進症がみつかり、専用の療法食を食べさせる事になりました。
しかし、次回はいつ病院に来てくださいというお話はなかったらしい。
療法食を食べだして少しは改善されたか見ないなんて。。。。ちょっと変だなぁって感じた。


それから1ヶ月
18日の夜、実家に電話をした際に母親が
「フミヤ、あっちこっちトイレじゃない所におしっこする」って言う。
療法食も美味しくないらしくあまり食べてくれないし、先月まで上がっていた流し台の上や
窓にも上がれなくなっちゃったらしい。
母親はボケちゃったのかなぁって言ったけど、体調が悪くてトイレまでたどり着けないのではないか
と思った。兄の家の猫がかかっている病院に連れて行って欲しいと兄にたのんだ。

体重は2.8㎏
脱水がひどく点滴打ったという。
ここで兄の話だと、母がフミヤは腎臓が悪く薬を飲んでいると先生に話したらしい。
が、腎臓が悪いなんて話一度も聞いたことがない。
歳が歳だから予防の為にかかりつけだった獣医さんと相談して腎臓病の療法食を食べさせては
いたけれど、血液検査で悪いと言われた事が一度もなく、薬も飲んでないはず。
兄はそんな事知るわけもない。
また先月の血液検査の結果を持っていくよう母に話したのだが、それも何処に行ったのかわからず
持って行かなかったらしい。
甲状腺機能亢進症の件もちゃんと話したのかは不明。
つまりきちんとした情報が先生に伝わってなかったという事。
結局この日は点滴をして帰ってきたらしい。


20日の夜、再び実家へ電話したところ、ほとんど動けず、おしっこも垂れ流しに近い状態。
ご飯もほとんど食べないので、午前中に病院に行ってきたという。
おしっこの検査をしたら、おしっこは薄く腎臓がほとんど機能していないと言われたそうだ。
この日も点滴をして帰ってきたらしい。
ご飯はほとんど食べないというので、食べないと死んでしまうから療法食じゃなくてもいいから
フミヤの好きな物を少しでも多く食べてもらってと母に言って電話を切った。


21日、ありりんもぴよちゃんもお休みだったので、日帰りで金沢往復はちょっとしんどいけど
フミヤの様子を見に金沢に行く事にした。
先月帰った際にすごく喜んで食べたシーバデュオとペースト状になったフード・スープ仕立てのフードなど
少しでもフミヤが食べてくれそうな物とおしっこシーツやおむつなどを持って。

13時半頃実家に着いた。
フミヤはもう旅立った後だった。
ありりんを待っていてはくれなかった。

ありりんたちが丁度出発したくらいの時間、
その少し前まで母の膝の上にいたフミヤが、下に降りるというので降ろしたら、
眠るようにす~っとその呼吸を止めたそうです。


まるで眠っているようなフミヤだけど体はとっても冷たく、もうフミヤの魂はここにないんだと実感。
ぴよちゃんだけ帰ってもらい、ありりんは実家にお泊り。
冷たいフミヤの頭をいっぱいいっぱいなでました。


11月22日、「いいにゃんにゃんの日」にフミヤは荼毘にふされました。
                        最後のお別れ
向こうでお腹が空かないように、ありりんが持ってきたフードの一部も一緒に入れました。
美味しいマンマ、沢山食べるんだよ。

フミヤの骨はしばらくは実家に置いて、1~2月くらいにペット霊園に位牌と一緒に安置してもらう予定。




                 2013年10月
ほんのちょっと前まで、まだそれなりに元気だったのに。。。。。。
正直に言って、なぜ?という思いでいっぱい。


先月帰った時に四日市に帰る日じゃなく、もっと早く病院に連れて行けばよかった。
              


                 1013年5月
春に帰った時に先生に言ってもっと詳しい検査をしてもらえばよかった。

セカンドオピニオンを考えながらなぜ実行しなかったんだろう。。。。。



                 2009年6月
もっと元気で若いうちに、四日市に連れて来ればよかった。。。。。


              2004年4月
考えれば考えるほど、過去にさかのぼり後悔は絶えない
後悔したって帰ってくるわけじゃない事はわかっているけど・・・・



18歳と8ヶ月の猫生(?)フミヤは幸せたったかなぁ?
              2003年11月


ありりんはフミヤと出会えて幸せだったよ。
              2003年11月


虹の橋でまっててね。
もし待ちきれなかったら、生まれ変わってまた家においで。
その時は合図にいつもみたいに「ごはん、ごはん」って鳴くんだよ。
               2002年11月

18年間ありがとう。
ず~~っとず~~っと愛してるよ




スポンサーサイト

| ありりんのおいしい日々HOME |


» 次ページへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。